解離

2005-D0401e600.jpg

3週連続で雨降りの日曜日です。
先週あたりから業務が急に暇になってしまい、
ネット記事を見ていたら色々と思うところがあったので、
暇つぶしを兼ねてまたひとつ考察してみましょうか。

表題に「解離(かいり)」と書きました。
一般的には、例えば理想と現実がかけ離れているときなどに
乖離(かいり)している。」と表現することがありますが、
こちらは心理学用語の「解離」です。

解離とは、アイデンティティ(自己同一性)が
一時的に喪失されることによる様々な障害を指します。
例えば、とても退屈な授業や会議をしているときに、
ぼーっと瞑想にふけっていてふと我に返り、
「あれっ?どうして自分はいまここに居るのだろう?」
という感覚に陥ったことってありませんか?
私は何回も経験がありますね。
これは軽度の解離現象で健常者レベルでも起こりうるものです。
症状が重くなっていくと、多重人格障害や記憶喪失が
起きることもあるそうです。

で、何が言いたいのかというと、
コロナ・パンデミックに覆われてしまったこの世界で、
今までにも増して「解離」の様相を呈している人が
増殖しているのではないかということです。

ニュースの街頭インタビューで、
「空いていると思って来たのに、めっちゃ混んでいますね。」
などとおどけて話しているひとに対して、
「そういうお前も混雑を助長している一因なんだよ!」
とコメント欄にツッコミが入っている場面を
数え切れないほど目にしてきました。(笑)

ちょっと繁華街で羽目はずして騒ぎたくても、
旅行に行きたくても、ひたすら我慢!我慢!
普段は外出が億劫で、人混みが大嫌いな私でも
さすがにストレスが溜まってきました。
明日以降、私たちはどうなってしまうのか?

「解離」という現象は、強いストレスや不安、恐怖から
心身を守るための「防衛機制」と捉えられています。
「出かけたいのに出かけられない」
「未来が閉ざされてしまった」
この「耐えがたい苦痛」は、解離を起こすための原因に
十分なる得るのではないでしょうか。
不要不急の外出自粛が要請されているにも関わらず、
なんとなくお出かけしてしまったこの人たちも
「解離」を起こしていると考えることが出来ます。

ここからは私なりの解釈ですが、
今般のような困難に直面したとき、
「感染拡大を防ぐために協力しなくてはならない」という社会的問題と
「それでもお出かけしたいよね」という個人的欲求を
完全に切り離してしまっているのではないかと推測出来ます。
人間というのは、共同体のなかで生きる「社会性」の生き物であり、
同時に食欲・性欲などの「本能」が備わった動物でもあります。
外出自粛という社会性が、今は飲み会やお出かけという
本能的な欲求の妨げになっていますから、
それらを全部取っ払ってしまおうということです。
「社会的」な自分と「本能的」な自分とを切り離すことは
アイデンティティの喪失すなわち「解離」に
つながっているのではないかと考えられます。

「空いていると思って来たのに、めっちゃ混んでいますね。」
というコメントには、「公」「私」の密接な相関関係を
一切考慮に入れていない印象を強く感じることができます。
このように「公」の意識を矮小化(わいしょうか)して、
「私」のなかに閉じこもって自己欺瞞(ぎまん)を
繰り返す行為は、きっとコロナ以前から
ずっと連綿と続いてきたのでしょう。

一般庶民の政治・社会に無関心なさまを憂慮する声は
いつの時代も途絶えたことがないように、
今後も危機が訪れるたびに、同様の「解離」が起きるでしょう。
そして民主主義による変革は遅々として進まず、
「絵に描いた餅」のままの可能性が高いのではないでしょうか。
少なくとも私たち現役世代が生きているうちは。

何だか身も蓋もない話になってしまいましたが、
絶望と悲嘆に暮れる必要はないと思っています。
私達は、ファクト(客観的事実)を「変える」ことが
もし出来ないとしても、「知る」ことは出来ます。
感傷を排して歴史を知り、現状に鑑み、
そして未来を洞察すれば生き残る術は見つかるでしょう。


おやおや、もう日が暮れてしまいました。
今日はこれくらいにしておきます。(苦笑)

ちなみに、「解離」という言葉は、
心理学者の香山リカさんが書いた
「〈私〉の愛国心」という本で知りました。
難解な専門用語が少なく、わかりやすい本でした。
興味があったら読んでみてください。